鬱病6年目の生活。病気のこと、日常を綴っています。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


うつ病発症までの経過 (最終回)

こんにちは。
今日の仙台は寒いです。
現時点、日差しがあるのに6℃です。


さて、お話の続き…


義両親との話し合いの結果、仕事を辞める事を選んだのです。
私の場合は結果として「良い方向」に変わりました。
本などでは「退職は最終手段」とか書かれていましたが…
やっぱり、個人の状況によると思います。


仕事を辞めて変わった事は義両親との間から仕事の関係が
なくなった事。
これが一番、良かった事だと今では思います。


皮肉にも仕事を辞めても体調が回復しなかったことで、
義両親にも「少しだけど鬱病への理解」をしてもらえるように
なった事。
もし、強引に仕事を続けていたら無かった事だと思います。


なべ酒造が鬱病になった経緯としてはこのような感じです。
多分「プレッシャーに押しつぶされたのが原因」と考えています。
もう少し言えば、自分で自分を追い込んだ。
と言えばいいのですかね。


早く仕事を覚えなくてはならない…
義両親の期待に応えなくてはいけない…
迷惑をかけてはいけない…などなど。
考えたらいくらでも思いつくくらいです。


「たら」「れば」「もし」を考えてもキリがないです。
正直言って、後悔はあります。
自分で選んだ道なのに挫折した事を。


あと当時は「義両親を嫌な人」とまで思っていました。
自分を理解してくれない、病気を理解してくれない。
でも、ホントは励ましていてくれていたんですけどね。


ですが、今は義両親とも良い関係を続けています。
むしろ、お世話になっているくらいです。
顔を合わせると「調子はどうなの?」とか心配してくれます。


そして現在、私には仕事の事は一切話をしません。
多分、話せば「私が気にするから」ってことを考えているからだと
思います。


なんか、最後はまとまりのない文章になりましたが、
改めて過去を振り返ると色々とありました。
頑張りすぎてもダメ、手を抜きすぎてもダメ。


そして「いつ誰が、鬱病になるか分からない」ってこと。


たまたま、今回の話では私が偶然、鬱病になりました。
でも、私が仕事で足を引っ張っているせいで、
義父が酷く悩み「鬱病」になっていたかもしれないってことです。


一応、なべ酒造の「うつ病発症までの経過」の話は
この回で最終回です。
長々と、お付き合い有難うございました<(_ _)>



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


Comment

post
2010-11-30 15:37  はじめまして、こんにちはm(^-^*)m
はじめまして、こんにちはm(^-^*)m
ショウセイさんのところから辿って来て、
この数日のうつ病に至った経過を
読ませて頂きました。

辛かったですね・・・・・
毎日毎日どうしようもなく辛くて
泣きたい日々だったことでしょう。
なべ酒造さんのお気持ちを考えると、
こちらまで辛くて胸が締め付けられるようです。

そうなんですよね、
ストレスになっている原因がどうでも良い事や
どうでも良い人だったら、関係を切ってしまえば良いのですが、
大切な人たちとの大切な関係だったからこそ、
そうなってしまう危険性をはらんでいるんですよね。
特に高度成長期を生きてきた人たちは、
一番脂がのっていた時代に、みんなイケイケで、
頑張れば頑張っただけの見返りがあって、
そして、周りを見渡しても誰もが同じような状況だったから、
ウツにもなりにくかったし、
やれば出来る!!みたいな精神構造になってるんだと思いますが、
今はそういう時代では無いですから・・・
そこにギャップが生まれてしまったんでしょうね。
義父母さんたちにも悪気は全くなかったと思いますが、
浴びせられる恐ろしい禁句の数々・・・・・・
どんなにかお辛かっただろうと思います。
もっと早く気付いて欲しかったと傍で見てるものには
思えてしまいますが、あの世代には自分たちで気付く事は
無理だったのでしょうね・・・

本当に本当に辛かったですね・・・・・

でも、明けない夜は無いと言いますし、
しゃがんでいるのは、飛ぶ為の準備とも言いますから、
自然に飛び上がりたいと御自身で思うまで
今は思う存分しゃがんで、心や体を休めてあげて下さいね。

何よりも大切なのは、あなた自身ですから・・
御家族や、周りの方々にとっても
大事な大事なあなた自身ですから・・・
それだけは忘れないでくださいね(^-^*)

長くなってしまい申し訳ありませんでした。
それでは、また・・・・・・・
お大事になさってください・・・・・
かじぺた No.1777
2010-11-30 19:51  かじぺたさんへ
初めまして。
コメント有難うございます。私もかじぺたさんのブログは「ショウセイさん」のところから辿り着きました。
様々な写真を撮っていらして自分が旅をしている気分です。

確かに、私の場合は特殊な環境だったかもしれませんね。
でも、大事な人たちだったから頑張りたかったし、その期待に応えたかったです。
でも、現実は「かじぺたさんの仰る通り」です。

今は義両親とも良い関係を築いています。
あとは、私が回復するのを待つだけなんですが、なかなか人生は上手くいかないものです。

また遊びに来て下さいね。
なべ酒造 No.1778
2010-11-30 20:57 
今、たけしの家庭の医学を見ていた中でも、退職はダメと言っていたけど、なべ酒造さんにしても、自分の知っている教え子たちも辞めて症状がよくなっていることが多いから、人それぞれ何だと思ったよ。
なべ酒造さんの性格上、完璧にこなさなきゃという思いが強すぎて、うつ病になってしまったんだとあらためて思うよ。
自分と会うときはその症状がほとんど見えないからこそ、余計に心配してしまいます。
さっきの番組で日記をつけることがいいかもと思うって言っていたけど、なべ酒造さんの場合、このブログを始めてから、ずいぶんと症状がよくなっているように思うよ。自分自身の中でためこんでいたものを吐きだす場所ができたからなのかな?
いつも言っているけど、あせらずになべ酒造さんのペースで一歩ずつ進んでいこう!
夢幻 No.1779 [Edit]
2010-11-30 23:02 
こんばんわ。
更新お疲れさまでした(^-^)
共感してしまったり、色んなことを考えながら
読ませていただきました。

>「いつ誰が、鬱病になるか分からない」
ほんとにそうですよね。
自分も高校の時に親しかった友人に現状を打ち明けた時は
「まさかお前が、そんなのになるなんて思わなかった」
なんて言われましたし…(・_・;)
自分自身もこんな状態になるなんて
一年前はこれっぽっちも思ってもいませんでした。
人生なにがあるかわからないですね…
しゆぅ☆ No.1780
2010-12-01 13:42  夢幻さんへ
久しぶり!
いつになく真面目なコメントですな。
まぁ、なべ酒造の性格も関係しているのは間違いないね。
夢幻さんと会う時は「遊ぶ時」だから自分も気にならないのかもしれないね。
出来たら、年内にでもまた集まろう!
楽しみにしてるよ。
なべ酒造 No.1781
2010-12-01 13:45  しゆぅ☆さんへ
こんにちは。
長々と読んで頂いて有難うございます<(_ _)>

しゆぅ☆さんのように、誰かが共感をしてもらったり、色々と考える事があったなら、今回の記事を書いて良かったと思います。

ホントに「いつ、誰がなる病気か分からない」ですからね。
なべ酒造 No.1782
Comment form

Trackback

http://nabesyuzou.blog10.fc2.com/tb.php/658-e814c1ef
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お役立ちリンク
お薬の事で困ったら、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
なべ酒造もよく利用しています。


↓薬の詳細を知りたい場合はこちら
ハイパー薬事典
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

なべ酒造

Author:なべ酒造
性  別:男
年  齢:37歳
血液型:A型
家  族:嫁・娘・息子
生息地:宮城県

nabesyuzouをフォローしましょう

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
相互リンク募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。