鬱病6年目の生活。病気のこと、日常を綴っています。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


うつ病患者100万人超。

おはようございます。

今朝、PCのニュースを見ていたら、こんな記事がありました。



かなりの数で「うつ病患者の方」が急増しているようですね。



ここからは、なべ酒造の勝手な意見になります。
語弊や不愉快な表現がありましたら申し訳ありません。



記事では「不況が原因」とか「薬を必要としていない人でも薬を服用している」とか書いてありました。この表現の仕方ってどうなんですかね?

なんとなく「不況が原因」ってのは理解できます。
ストレス社会に拍車をかけてるって言うか「うつ病になりやすい環境が増えている」
って言うか。
ただ「新薬が開発された時期と重なる」とか「薬を服用しないでも問題のない方が受診している」
ってのもありました。これはちょっと納得がいかないというか・・・
なんというか・・・
受診するか受診しないかは「本人」が決めることでしょうし、
薬を必要かどうかを判断するのは「患者本人」ではなく「心療内科の先生」だと思いますし。

先生が「この患者さんは薬が必要な方」
診断したから薬が処方される訳で・・・
患者さんが「薬を欲しい」と言えば処方されるってことはないですよね?
普通に考えて・・・。


だったら、問題は別なところにもあると思うんですよ。



極端な話だと思うのですが、診療報酬欲しさに
薬を処方している心療内科医がいる可能性もあると思うんですよ。



そうでもなければ「薬の必要のない患者さんが薬を飲むケース」
あるはずもなく、記事に記載されている増加人数もここまでは多くないはず・・・。
と思います。



皆さんが通院されている「心療内科」は、どのような設備があって、
どのような方針で診察を行っているかは分る筈もありませんが、
私の通院している心療内科の先生はむやみに薬を処方しないですし、
患者の状態を把握したうえで処方してくれます。
薬を処方する時は、かなり慎重です。その心療内科の評判も良いですし。


この記事どう思われますか?


このブログ記事を読んでくれた方々、色々な意見があるかと思いますがどうでしょうか?






読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


Comment

post
2009-12-07 01:26 
要は、精神科医が少なくて、患者をさばききれない。カウンセリングも行わず、薬だけ出す(うちの主治医)の状況だと思います。

なんか、最近、微妙に抗うつ薬の副作用など、
精神疾患への偏見を助長しかねない記事多くないですか?
2009-12-07 20:21  宮城県メンタルヘルス村だっちゃ さんへ
コメント有難うございます。
ニュースなど観ていると精神科医の数の少なさや、
簡単に心療内科を開業出来てしまう事実があります。
その他にも「薬を処方すればいい」って感じの病院もあると聞きます。
確かに、抗うつ剤などの副作用の面で精神疾患への偏見は多い気がしますね。
なべ酒造 No.339
Comment form

Trackback

http://nabesyuzou.blog10.fc2.com/tb.php/268-5ec9db22
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お役立ちリンク
お薬の事で困ったら、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
なべ酒造もよく利用しています。


↓薬の詳細を知りたい場合はこちら
ハイパー薬事典
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

なべ酒造

Author:なべ酒造
性  別:男
年  齢:37歳
血液型:A型
家  族:嫁・娘・息子
生息地:宮城県

nabesyuzouをフォローしましょう

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
相互リンク募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。