鬱病6年目の生活。病気のこと、日常を綴っています。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


感情の起伏についていけない。

やったね!!!!!!!!!
楽天イーグルス優勝だよ!!!
本当に嬉しい!!!


おはようございます、なべ酒造です。


楽天が優勝したあの夜、嫁ちゃん、子供1号2号は
地元球場にてパブリックビューイングで応援。
私は残業のため、途中で結果だけを聞いて優勝を確認。。。


この差はなんだ。。。


そんな優勝の夜でした。。。




さて、「ここまでの道のり」シリーズです。


今回は感情についてですかね。
これは本当に難しいですよね。
自分でも理解することが出来ないですよ。


ビックリするくらい起伏が激しい時期がありました。
怒りやすいというか、キレやすいというか。。。
喜怒哀楽の「怒り」の感情が爆発しやすかったと思う。


うつ病当初は表情が暗く訳もなく泣いていたりした。
でもこれは「哀」の感情とは違うのでしょうね。
ただただ、涙が出てきたような気がします。


この病気になって「喜」「楽」の感情は弱くなった。
そのせいなのか分からないけど「怒り」強くなったと思う。
そして、感情がコントロールできなくなったこともある。


そして、怒りにまかせて変な行動を取ろうとしたこともあった。
かなり危険でした。自分で自分をね。。。
そうやらないと、静まらないような気がしてたから。。。


そしてその時期は薬の乱用があったかも。
「乱用」というと聞こえは非常に悪いな。。。
でも「依存」とも違うような。。。


とにかく、頓服でもらっていた薬を飲んでた。
一回1錠の薬を2錠服用したり、時間をあけないで
続けて服用したり。。。


どうにかして感情の起伏から逃れようとしていたかな。


本当は薬を必要以上に飲むのはダメなんですよね。
でも、飲むと落ち着いたのは事実なんですよ。
それは間違いないです。


処方以上の服用は反省しなければいけませんがね。。。


私の場合、この「怒り」の感情の後には、
必ず「酷い落ち込み」がありました。
ズドン!って落ち込みます。


薬の反動なのか、それとも昂った感情の反動なのか。。。
とにかく酷いものだった。。。
それでも抑えられない感情だったんですね。


学習能力がないとかそういったものではなかったな。


自分でコントロールできない部分だったんでしょうね。
自分の気持ちがコントロールできなくて、どうしようもなくなる。
これは本当に辛かったですね。


人間、怒りの感情にまかせた勢いで死のうとする時もあるんですよ。。。。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

スポンサーサイト

5割以下の力で行動する

楽天イーグルス。。。優勝しそう\(^o^)/
ついについにマジック3ですよ!!!
早ければ明日には優勝が決まりますよ!!!


おはようございます、なべ酒造です。


では「ここまでの道のりシリーズ」ですね。
前回はカミングアウトをするところを書きました。
今回は日常生活ですかね。


タイトルの通りです。
「5割以下の力で行動する」
深い意味はありません、そのまんまです。


うつ病になった私は全てにおいて低下してました。
考える力、行動力、計画性などなど。
今まで出来ていたハズの物が出来なくなったんですよ。


仕事を辞めて自宅療養を開始して、カミングアウトして。
出来るだけ「ストレス」となるものから離れて生活して。
そんな生活がしばらく続くようになります。


その後、どうにかこうにか生活リズムを作るため、
「日常生活」を送ろうと挑戦しました。
いや~、大変でした、本当に大変でした。


だって、今まで出来たのが出来ないからね。


一生懸命やれば、その反動で体調を崩すし、
「どうして出来ない!」とかイライラ悩めば落ち込むし。
最初は空回りばかりしてたんですよ。


だからね、簡単なことを「ゆっくり」「休みながら」「少しずつ」やる。


これを心掛けるようにして一生懸命やるのをやめました。
ま、身体が自分の思うように動かないのだから仕方がない。
そう思うように変われたんですね、やっと。


そこで「家事」をやることにしたんですよ。
うつ病になる前は「妻の手伝い」程度にやってました。
今度は出来る家事を「自分でやる」ってことにしたんですよ。


主夫業に挑戦したわけですね。


本当ならね、掃除、洗濯、料理とか色々あるんですよね。
当然ながら初心者だし、全部をやるとパンクするから、
しばらくは掃除機をかけるだけとかだったかな。


自慢じゃないが、なべ酒造の住まいは広くない。
掃除機なんて簡単に終わる広さ。
部屋の数も少ないしね。


でもね、休みながら休みながらやったから時間はかかりました。


掃除機の作業をするだけで数時間かかった気がする。
ちょっとやったら、30分くらい休んだりね。
たまには途中で「無理!」と思ってやめたりもした。


でもね、それでいいんですよ。


5割以下の力で行動してるんですからね。
無理なら無理でいいんですよね。
そうやって、ちょっとずつ出来ること、出来る時間を増やしました。


そうやっていくうちに身体が慣れてきたみたいなんです。
今まで3時間かかっていた掃除機が2時間で終わったり。
休憩時間が短くなってきたりと。


多分、これがきっかけで「家事はやれば出来る」ってなりました。


で、身体を動かすリハビリに家事は丁度いいって思えたんですよ。
そこから、やれることが増えていきます。
でもね、やっぱり5割程度の力でやることを心掛けてました。


なべ酒造にとって、これは大きな進歩だったみたいです。
この辺からダラダラした生活にリズムが出てきます。
家事をすることで色々と変わっていくことになります。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


小学一年生って。。。

今日から3連休ですね~。
天気も過ごしやすく気持ちが良い。
そんな土曜日です。


こんにちは、なべ酒造です。


昨日、仕事から帰宅したら嫁ちゃんが真剣に悩んでいた。
そして本当に困っていたんですよ。
そして、真剣に相談された。。。





「子供2号の足が臭い。。。」




「お風呂入ったのに足が臭いの。」




「。。。え(・。・)??」




あのね、小学3年生の娘と小学1年生の息子がいるのです。
で、出来ることは自分でやらせようって考えでして。
子供たちは、各々お風呂は基本的に一人で入っております。


それで、昨日の夜のことなんです。
息子がお風呂からあがってきて「足の爪を切って」と
嫁ちゃんに言ったんだそうでして。



じゃ~、切ろうかと足に近づいたら。。。



ん?臭い?



う、臭い。。。




本当に臭いΣ(゚Д゚ υ)


だったそうです。


息子が言うには「きちんと洗っているよ」と。
で、昨日は嫁ちゃんが足だけ洗ったそうなのですが。
相当、臭かったらしいです。。。


確かにね、2号機の靴下も臭い。。。
洗濯物を入れるカゴから洗濯機に移す時にも
存在感たっぷりな芳醇な香りを出すんです。


以前、義姉から聞いたのですがね。
『男の子って、小学1年生あたりから臭くなる説』
ってのがあるんですよ。


義姉の友人などから聞いたらしく、その方のお子さんたちも
急に靴下や外靴などが臭くなったらしいです。
これは何の超常現象なのでしょうか?


確かに、まだ暑いですし靴も蒸れます。
それにしてもね。
何でなの?なぜ?どうして?


しっかり足を洗うように指導しました。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


うつ病をカミングアウト。

春にはスギ、ヒノキ。
秋にはイネ科、ブタクサ。
四季を身体で体感しております。


おはようございます、なべ酒造です。


昨日の満月は明るかったですね~。
子供たちは3DSを使って写真を撮っていたそうです。
それなりに盛り上がっていたらしい。。。


「ここまでの道のり」シリーズです。


今まで、仕事をしていた人がある日を境に自宅に居るようになります。
まぁ、ね、たまたまの長期休暇かもしれないし。
3日、4日ね昼間にご近所さんと顔を合わせても不思議ではない。


それが、1週間とかそれ以上になると
「あら?」ってね。誰もが思う訳ですよ。
特にね、ご近所同士の子供の年齢が近いとなおさら。


そうなるとね、気分的にも良くないなと実感しました。
別に悪い事をしているわけではないんです。
病気だから療養しているんですよ。


でもね「罪悪感」「後ろめたい気持ち」「世間体」とか。
本当なら気にすることない事を心底、気にしてしまう。
そのせいで、余計に出不精になってしまうんだなと。


これね、実体験です。
多分、うつ病とかの人の外出が出来なくなる理由の一つだと思います。
そんな経験ありませんでしたか?


でね、嫁ちゃんと話をしたんだと思います。
「聞かれたら、答えればいいじゃないか。」
難しく考えずにやっていこうと。


これで、随分とラクになった気がする。
うつ病って悪い事ではないし、病気だしね。
サボっている訳でも何でもない。


でね、言うことにしたんですよ。
とりあえずで、私の友人やバイト時代からの付き合いがある人。
幼稚園の仲よくしてもらっていた保護者の方など。


もともとそんなに人数が居る訳でもないし、
みんなの前で発表する訳でもないし。
話の流れで自然に告白。


みなさん、意外とアッサリでした。
「へぇ~」とか「いつから?」とか。
自分で話を難しくしていた感じでしたね。


幼稚園のママさんなんかは話がしやすくなりましたね。
「だから、パパさんが送り迎えしてたんだ。」ってね。
それが分かってからは、本当に普通に会話してました。


ママさん4,5人の中にオッサン一人が会話に混ざってたり。
子供の群れの中でオッサンが襲われてたり。。。
一気に周囲の人との距離が近くなった気がしました。


一番変わったのは私自身ですかね。
気分的に軽くなったのは間違いないですし、
行動も活発になったんですよ。


大げさに言えば、世間との接し方が変わるんですね。
「うつ病だから・・・」って気にしているのは自分だけだったなと。
もっと早く言っておけばよかったかもしれないです。


でも、カミングアウトはあれです。

「物凄く、勇気がいる」

でも、凄く楽になるのは間違いありません。




でね、結婚前にバイトしていたトコの当時の店長にも話したんですよ。
この人はバイト当時からプライベートでも仲が良くてね。
イロイロと相談にしたりされたりの関係だったんです。


年齢は私の4歳上、男性。
精神年齢が私とともに小学生レベルで酒好き。
よって、妙に意気投合してしまった仲。


で、自分も仕事をするようになって、その人も転勤になって。
直接ではないけれども、メールで伝えたんですよ。
確かね、内容はこんな感じなんです。


ご無沙汰しております。
お元気でしょうか?

あのさ~『うつ病』になってしまった。。。



これだけです。
たった3行程度です。
帰ってきたメールも短いですけどね。



あ~、なんか分かる気がする。
お前、そんな気質あったもんな。
ま、お前はお前だ。何も変わらん。



ね、アッサリしてるでしょ?


うつ病の酷かった時期ってのは人との接触を避けていたんですね。
今になって思えば、どうしてそこまで人付き合いを拒んでたか。
本当に不思議ですよ、自分でも分からないです。


私の場合、カミングアウトってのは、大きな意味がありました。
大げさな話ではなくて「回復への一歩」だと自分では思います。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


余計な事を考えるものですよね?

楽天イーグルスは昨日も勝ちました!
15日は試合観戦の予定だったのに台風で中止。
残念だったなぁ~。観たかった。。。


おはようございます、なべ酒造です。


「ここまでの道のり」シリーズです。


仕事を辞めて、ストレスから解放されて調子は上向きになります。
もちろん、薬の効果もかなりあったと思いますがね。
ただ、どん底に居たところからのスタートなんですよ。


でもね、状態がプラスになるわけがなくね。
そこから、好調時と不調時の波の荒さに困惑します。
それに伴って、感情の起伏も激しくなるんですよ。


この病気は「振り子に似ている」「波がある」なんて言われます。
まさしくその通りですよね。
午前中はダメでも、午後から良くなって、寝る前に悪くなる。


こんな状態は良くありました。


もともと「日内変動」が激しかったんですよね。
朝が非常に辛くて起きられない、午後から夕方に向けて
身体の状態が良くなるんです。


私の場合、就寝前にダメになることが多かったんですよ。


寝るだけだから素直に眠ればいいのに、余計な事を考えてしまう。
「明日も朝から調子が悪いのかな。。。」とか、
「この病気はいつになったら良くなる?」とか。


考えてもどうしようもない事を延々と考えてる。
だから、寝付きが悪くなって睡眠時間が短くなって、
そして翌朝をそのまま迎えてしまう。


悪循環でしかないんですよ。


「考えなければ良いじゃん。」


そうなんですよね。その通りなんですよ。
嫁ちゃんとか母親にも良く言われました。
でもね。。。


それが出来なった。


そういった方は多いと思いますが、皆さんはいかがでしょうかね?
私はもともとの性格が、考え込むようなそんな感じでして、
それが余計に酷くなったんですよね。


調子が良い時ってのは余計な事を考えないと思う。
調子が悪くなるといやでも余計な事を考える。。。
この病気の面倒なところだと思います。


そのせいで、就寝時の眠剤が強くなるんですよ。
眠りにつくまでが非常に長くて長くて。
先生にお願いをして、何種類か飲んでました。


自分の睡眠に影響するほどに考え込んでしまう。


何も考えなくても辛いのに、延々と考え込んでしまう。
だから、余計に辛くなってしまう。
この病気の「不思議」ですよね。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


仕事を辞めてからの生活は。

なべ酒造は仙台に生息しております。
昨日も楽天イーグルスが勝ちました!!!
地元の球団が強いと嬉しいですね。


なべ酒造です、おはようございます。


「ここまでの道のり」シリーズです。
前回は仕事をやっと辞めて自宅療養に入るとこまで
話が進んでおります。


なんとか仕事を辞めることが出来たんです。
ここまでが本当に辛くて辛くて長かったです。
うつ病の状態が酷かった時でもありますね。


そして、精神的に一番つらかった時期でもあります。


仕事を辞めることが出来て、時間を気にしなくなる
生活が始まります。
ただただ、ボーッとして眠って眠って、ボーッとして。


家から出るのも必要最低限でした。
当時、嫁ちゃんは仕事をしておらず、子育て真最中でした。
たぶん、嫁ちゃんも一番つらかった時期ですね。


子供二人と、うつ病の夫。


世話をしなくてはいけないのが3人もいるわけですよ。
本当に大変だったと思います。
本当に感謝ですね。


子供もいたせいか、一人きりになる機会が少なく、
「変な事」をすることは少なかったと思う。
あと、嫁ちゃんから必要時以外の刃物を持つことを禁止された。


この時期、嫁ちゃんとの約束がありました。


自分を傷つけない。
一人で外出は基本的にダメ。
死なない。
離婚は絶対にしない。


確か、こんな感じだったような気がする。


これを守ってくれていれば良いということです。
あと、とにかく身体と精神を休めてほしい。
そのことを強く言われた。


良く耳にすると思うけれども
「今は頑張らないでいい」ってことですね。
無理をするな、頑張るなってことでした。


そんな生活を続けていくと、変化が出てくるんですよ。
もちろん、心に余裕なんかあるわけもなく。
ただただ、落ち込んでいったんですよ。


当時は理由がイマイチ分かりませんでしたが、
おそらく「社会との関係」を出来るだけ絶ったからだと思います。
嫁ちゃんとスーパーに行く以外は外にほとんど出ていなかったから。


社会との関係が弱くなっていくと、余計なストレスからは解放されます。
ただし、いつからか「社会から必要とされない」という考えに
すり替わってしまったんですね。


自ら外した関係なのに、どういう訳かそうなてしまったんです。


その状態から出てくる答えは一つでした。
「自分は必要とされていない、邪魔な人間、不必要なんだ。」
つまり、自分を否定する考えばかりだったんです。


病院の先生にも相談したことがありますが、
「病気のせいで、そういった思考になってしまう」と言われました。
自分の意志とは関係なく出てきてしまうものだそうです。


ストレスから逃げられたのに、そのせいで違った問題が
出てきてしまったわけです。
ここからしばらく「自己否定」の考えと付き合うことになります。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


理解してもらえぬ、この病気。

すっかり秋~。
食べ物のおいしい季節ですね~。
太らないように気をつけよう。


おはようございます、なべ酒造です。


「ここまでの道のり」シリーズその3。
前回はうつ病と診断されるとこまで書きました。
今日はその続きですね。


うつ病と診断をされて、「やっぱりね」という気持ちと
「なんで、うつ病になったんだ…」っていう気持ちが
混ざった、複雑な感情になったのは覚えています。


とりあえず、実家の母親に電話したのを覚えてる。
実家との距離は近かったのだけど、連絡はすぐにしたんだね。
母親は何て言ったのかは覚えてないや。


これで生活が変わったかと言えば、何も変わらなかった。


当時、私は金属加工業の仕事をしていた。
職場には義理の両親と私。
この3人なんです。個人経営でした。


失礼な言い方をすれば、考え方が古い感じ。
職人気質といえば聞こえはいいのかもしれない。
これっぽっちも理解してもらえなかった。


とりあえず、状況と結果を話してみた。


さっきも書いたが、理解してもらえなかった。


「薬を飲んでるんだろ。」
「すぐ効果が出ないのか?」
「仕事は待ってくれない。」
「死ぬ気でやれば我慢できる。」
「ヤル気があれば大丈夫、死にはしない。」


覚えている限り書いてみたけど。。。


凄い言葉ばかりだね。。。


こんな言葉を言い続けられたかな。。。


この病気って思考回路がおかしくなりますよね?
簡単な計算が出来なくなったり、効率が下がったり。
段取りとか手際が凄く悪くなりますよね。


そんな私を見て「ヤル気ないなら帰れ!」とも言われた。


投薬しながら仕事をしていたけど、限界を感じていましたね。
「この人たちには理解してもらえないんだな~」って。
仕事からも病気からも解放されないって思ったんだよね。


で、嫁ちゃんに
「死んだらこんな苦しい思いしないよね。」
とか、そんなことを言ったんだよね。


「あのさ『死ぬ気でやれば大丈夫』って言われたって事は、死ねばやらないで
いいってことでしょ。?」


とか、なんかね訳のわからないこと聞いてた記憶がありますね。
この時は本当におかしくなってたんだろうね。
カットはしていないが、自傷行為もしたりしてた。


ここで、嫁ちゃんが義両親に対して話をしてくれたんだね。
「仕事を辞めないとダメだ、本当に死んでしまう」みたいなこと。
そこで、義両親がわかってくれたんだよな~。


今だから言える話なんだけど、自殺することも考えたし
死んだら保険金がもらえるかも考えた。
当時は「生きる」ってことが苦痛でしかなかったんだよ。


ここで、仕事を辞めて通院しながらの自宅療養の生活に入ります。
仕事を辞めたことによって、ある程度のストレスから解放されるんです。



今回はココで終了。
質問などありましたらコメントお願いします。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


自律神経失調症からの変化。

すっかり秋!!
エアコンはもう使わないだろうな。
朝晩の空気がひんやりしております。


おはようございます、なべ酒造ですよ。


「ここまでの道のり」第2弾です。


前回の記事の通り、地味な体調の変化が始まりでした。
でも、最初は「精神的な変化」はありませんでした。
単に、体調不良だと考えていたんですよ。


しばらく胃腸の調子が悪かったので、内科に行ってみたり。
そこで胃カメラの検査をやってみたり。
胃が荒れているから胃薬をもらったり。


でもね、これっぽちも良くなることはなかったんです。


そこからなんですね。
しばらくして眠れなくなってきて、精神的にダメになるんです。
少しずつ少しずつ。。。


その時期のことを嫁ちゃんに聞いてみたんですがね。
明らかに発する言葉がおかしくなっていたそうです。
「もう駄目だ。。。」「つらい。。。」「死にたい。。。」


こんな感じのことを言いまくっていたらしいです。
私自身、あまり記憶がないのですが、嫁ちゃんは
ハッキリと覚えているそうですよ。


その頃の新聞広告でね「ツレうつ」があったそうです。
それを見つけた嫁ちゃんが「あっ!これだ!」と思ったそうです。
で、嫁ちゃんの友人に相談をしたらしい。


その友人も同じような病気だったそうで、病院情報を聞いていたそうです。
そこで「心療内科」というところに通院するようになるんですよ。
通院するのがイヤとかそういった気持ちはありませんでした。


どうにかしてほしいって感覚が勝っていたのだと思います。


この当時はもちろん仕事もしていました。
だから、ストレスからくる「自律神経失調症」って診断。
いきなり「うつ病」っていう風にはならなかった。


思えば、うつ病に片足を突っ込んでいたのだろうけど、
先生がハッキリ言わなかったのは、患者の気持ちを
考えてのことだったのかもしれないな。


そこから、薬を服用するようになります。
胃腸の活動を良くする薬や、眠剤、安定剤など。
強い薬ではなくて、緩やかに効果が出るものでしたね。


これでね、確かに色々と体調の改善が結果として出るんです。
服用前より食欲が出てきて、眠れるようになって。
薬の効果がハッキリ分かるようになりました。


体調面に限っての話ですけどね。。。


一時的に体調は良くなるのですが、精神面は酷くなってました。
仕事でどんどん追い込まれて、パンク寸前だったんですね。
家でも何も出来なくなって泣いたりしていた。


車で通勤していたのですがね。
途中一ヵ所、大きめのカーブがあるんですよ。
ここを通るのがヤバかった。


「ハンドル切らないでアクセル踏み込めば。。。」


そんな考えが毎朝、毎朝出てくるんです。
この時期から、完全に「死んだほうが。。。」っていう考えが
浮かんでは消えての繰り返しになります。


このころから、仕事を休むようになったりして、
動けないことが増えたり、身体も心も訳が分からなくなるんです。
本当に辛くて辛くてダメだった。。。


仕事もあったし限界まで我慢したのだと思います。


ただ、本当に我慢に我慢をしたんだけど、
先生にありのままに話をしたんですよ。
自分の行動や体調や精神状態を。


「なんで、こうなるまで先生に言わなかった?」


今の自分はそう思います。
どうして言えなかったのか。。。
自分でも不思議でなりませんね。


時期的には平成19年ですかね。
先生に「うつ病ですね。」とハッキリ言われました。
気持ち的には「やっぱりか」って感じ。


ただ、ここからが本当につらくなってきたのを覚えてます。




このシリーズはもう少し書いてみようと思います。
質問などありましたらどうぞ。
お応えできる範囲で書きます。


前回の記事から読んでみてくださいね~。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


ここまで戻れたから言えること。

最近、すっかり涼しくなりました。
エアコンを使わないのが当たり前になってきましたね。
空気はすっかり秋ですね。


おはようございます、なべ酒造です。


働き始めて今月で4か月が経過します。
ようやく、ここまでたどり着きました。
一応、社会というものに戻れそうです。


「うつ病」っていうね、訳のわからない病気になって6年です。


当初は「自律神経失調症」そこから「うつ病」へ悪化。
悪化するのは早かったような記憶があるんです。
だけど、ここまで来るのに6年もかかると思わなかったもんな。


で、そんな現在だから記事に出来るようなこともあるので、
ちょいちょい書いていこうかと思います。
興味のある方は、読んでみてくださいネ。


これって病気か?って時ありますよね?
風邪だったら「喉が痛い」「咳が出る」「熱っぽい」そんな感じ。
でも、この病気って難しいですよね。


私の場合、気付くのが遅かったのかもしれません。


あ、その前にね。
なべ酒造の基本性能はこんな感じなんです。


・胃腸が弱い。
・お腹を下しやすい。
・食欲ありまくり。
・疲れると食べられない。
・考え込む。
・責任感は強め。(たぶん・・・)
・どっちかというと神経質。


だいたいこんな感じ。
これを踏まえてなんですけど。
その、病気に気付くのが遅かったって話に戻ります。


最初は「胃が痛いな~」とか「下痢気味」から始まったんですよ。
でもホラ、基本性能で胃腸が弱いってあるでしょ?
だからね、全く気にしていなかったんです。


気分的には「前の日、焼酎飲みすぎたかな?」とか、その程度。
かる~い考えだったんですよ。
もともと「胃酸過多」の体質なんです。


胃カメラ検査も何回かやっているしね。


だから、胃酸を抑制する薬を飲んだりしたわけ。
それで一時的に調子が良くなるから、なおさら面倒だったんですね。
治らなければ「おや?」って思ったもんな。


そこから、慢性的にお腹を下すようになって、食欲が減っていくんですよ。


それでも、ちょっと疲れているのかな?
そんな程度にしか考えていなかったんですよ。
自分も嫁ちゃんもね~。


今になって振り返ってみると、これがね初期症状だったんでしょうね。
こんな初期症状で「うつ病を疑う」ってのは無理な話ですよね。
何せ、「うつ病」なんて考えもしなった。


つーかね「うつ病」って何?


たぶん、そんなレベルだったからね。


その後、そんな自分がうつ病になるわけでしょ?
そりゃね、いろんなことが起きる訳だ。
今では笑い話・・・にはならないけどさ。


どんどん、身体がおかしくなっていって…
思考回路が訳分からなくなって…
そんな病気の生活が始まるんですよ。。。


ま、今回はこんな感じで。


で、もしね。もしですよ?
こんな私にね、質問とかね、聞いてみたいことありましたら
コメントください。


私自身と嫁ちゃんの経験を踏まえて、お応えできる範囲で
お返事をしたいと思います。


お返事の仕方ですが。。。
出来れば記事にUPして、皆さんが読めるようにしたいです。
そのほうが参考になるかと思いますし。


ただ、個人的に返信が欲しい時は、ブログをお持ちの方はURLを
貼っていただければ、ブログにお邪魔させて頂きます。


あと、こちらの判断でお応え出来ない物ありますので
宜しくお願いします。



ま、質問が出てくればの話ですので。。。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


本日は心療内科へ。

今日から9月ですね。
残暑はいつまで続くのでしょうか?
体調管理が難しい季節です。


こんにちは、なべ酒造です。


今日は暑いです。
数日、エアコンを使わない日があったのですが、今日はムリ!
そんな日曜日、心療内科へ行ってきました。


体調の話ではなくて薬のことで先生に相談をしてきたんです。
7月からの薬が「デパケンR100mg」に変更したのです。
でも、最近になって眠気が気になりましてね。


その相談をしてきました。


眠くなるのが夕方。
朝はスッキリ起きていること。
眠剤がないと眠れないこと。


この3点を考えまして、朝の薬をカットすることになりました。
調子が良い状態も続いているし、仕事を始めても体調を崩していないし。
その点も考えて、薬を減らしてみようとなったんです。


これで夕方の眠気が弱くなってくれれば助かりますね。


5月から始めた仕事。
今月半ばで4カ月を完走です。
なんとか、夏を乗り切りましたね!


薬も減ったし、一応バイトも順調だし。
良い方向に進んでいる感じ。
ここまで来るのに5年。。。


長かったな。。。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お役立ちリンク
お薬の事で困ったら、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
なべ酒造もよく利用しています。


↓薬の詳細を知りたい場合はこちら
ハイパー薬事典
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

なべ酒造

Author:なべ酒造
性  別:男
年  齢:37歳
血液型:A型
家  族:嫁・娘・息子
生息地:宮城県

nabesyuzouをフォローしましょう

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
相互リンク募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。