FC2ブログ
鬱病6年目の生活。病気のこと、日常を綴っています。 

「7年目のツレがうつになりまして。」買ってみた。

おはようございます。
今日は朝から雨降りです。
なべ酒造です<(_ _)>


昨日、本を買いました。
「7年目のツレがうつになりまして。」
です。

7年目のツレがうつになりまして。7年目のツレがうつになりまして。
(2011/09/08)
細川 貂々

商品詳細を見る


ツレうつシリーズは3作目ですかね。
たまに、過去の作品も読んだりしています。
なんとなく、読みたくなる時があるんです。ちょっと不思議。


私がうつ病と診断されたのは、およそ5年前。
「ツレがうつになりまして。」を知ったのも丁度この頃。
場所は病院ですね、現在お世話になっている心療内科です。


最初は「自律神経失調症」で通院していました。
だけど、症状が悪化するばかり。。。
そして、うつ病との診断でした。


その時は「うつ病」なる病気が良く分からなかったし、
世間的に知られている「うつ病って、こんな病気」程度にしか
知識が無かったのですよ。


で、待合室にあったのが、この本です。


分かりやすくて、活字がすくなくて、読みやすくて。
そして自分と当てはまる症状が色々あった。
そして、いつでも読みたいと思って、買ったんですよ。


もちろん、ツレさんと自分が全く同じな訳はなく、
ツレさんにあって、自分にない症状もあり、
もちろん逆もあったりした。


でも、なんて言ったらいいんですかね?
言い方はおかしいですが「気休め」と言ったらいいのでしょうか?
気分が楽になったのも事実。これは確かな事。


うつ病になった当初はヒドイものだった。
それは、今でもしっかり覚えているんです。
書いたらキリが無いですが、ホントに大変だった。


自分の腕を傷つけたり、壁や床を殴ったり。
一日中、布団から出る事が出来なかったり。
下痢と嘔吐を毎日のように繰り返していたり。


でも、この本を読んで気分が楽になったってのは、
こんな思いをしているのは自分だけじゃないってことや、
病気に対する「予備知識」を得る事が出来たから。


これに関しては凄く感謝しているところです。
だって、ホントに真っ暗でしたからね。
多分、うつ病の人でも読みやすいと思う。


皆さんも、もし機会があったら、読んでみてください。
来月、映画が公開されるんですよね。
ちょっと、観てみたいですね。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

スポンサーサイト




カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お役立ちリンク
お薬の事で困ったら、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
なべ酒造もよく利用しています。


↓薬の詳細を知りたい場合はこちら
ハイパー薬事典
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

なべ酒造

Author:なべ酒造
性  別:男
年  齢:37歳
血液型:A型
家  族:嫁・娘・息子
生息地:宮城県

nabesyuzouをフォローしましょう

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
相互リンク募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる