鬱病6年目の生活。病気のこと、日常を綴っています。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


昨日は病院でした

おはようございます。

昨日は月に一回の病院でした。連休明けでしたが、思ったよりもすいていたかな。


先生と話したことは最近の自分の変化ですかね。

悪い点。
・テレビがじっくり観れないようになった。特にお笑いなどのテンションが高いもの。
・子供の声のようなキーの高い音。賑やかすぎる場所や音楽が苦手になった。
・自分の子供たちが遊んでいる声でも耳触りになる。

なんか「音」がダメになってきているみたいです。その場所にいるだけでイライラしたり、集中力がなくなるのです。神経が過敏になっている感じです。
→無理せず、頓服の安定剤を飲むことを言われました。


良くなった点。
・少しだけど、体を動かすことを意識するようになってきたこと。
・朝の一時間弱の散歩を始めたこと。
→体を動かすことは良いことですよ。と言われましたね。ただ、無理はしないで、出来る時だけでいいから徐々にやるように言われました。


精神状態は比較的安定していますネ。ガクっと落ちることもなく、もちろんいい感じでの安定ではありませんが可もなく不可もなく、低空飛行状態で維持している感じです。

そういえば、話は変わりますが、新聞で「冬期うつ」の記事を読みました。うつ病を患っている人でもなるらしい。気分が落ちやすくなるそうです。
うつ病の方、みんなに当てはまる訳ではないでしょうが、自分も注意しないといけませんね。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

スポンサーサイト

整体に行ってみた。

おはようございます。

久しぶりの更新になります。

先週は3回ほど整体に行ってきました。ある朝、背中から腰にかけて電気が走るような感覚があったんですよ。「ぎっくり腰か?」って思いました。もともと腰痛があるので、どうしても、腰や背中の痛みには敏感になるのです。

で、整体へ。

原因は背中から腰にかけての筋肉がガチガチに凝り固まっていた為。らしい。
二日間かけて揉み解してもらいました。で、三日目に鍼治療をしてもらいました。鍼治療は何回も経験があるので抵抗はありませんでしたが、初めて頭のてっぺんと両手首に鍼をさされました。

正直ビックリした!!

目の前にある両手首で鍼がプランプラン揺れてますからね。きっと、頭のてっぺんの鍼もプランプランだったでしょう。

この三ヶ所はリラックス効果があるらしく、自律神経にもいいらしいです。先生が気遣ってくれて、やってくれたみたいです。問診時に「うつ病です」と自己申告したからですかね?ありがたい。

治療のおかげで、背中から腰にかけての痛みも楽になりましたね。ただ、慢性的な痛みなので完全に治すのは難しいかもしれないです。


あと、朝の散歩を始めてみました。以前もやってたんですが気力減退というか、やる気がなくなってしまい止めてしまいました。

今回は気が向いたというか自分でも珍しいと思うのですが「朝の散歩しよう」って、何となく思ったわけです。「うつ病」や「健康」には朝の散歩がいいのは分かっているんですが、継続させるのが難しいですね。


さて、今回はどのくらいできるかな。

無理しない程度にやりたいと思います。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


睡眠改善法?

こんにちは。

久しぶりの更新になります。

まぁ、タイトルには「睡眠改善法?」なんて大袈裟なタイトルを挙げてますが大した事ではありません。
ごめんなさい。

私自身に当てはまることなのですが、意外と成功しています。
それは「寝室から時計をなくす事」です。この作戦を考えたのは、一番の理解者でもある妻なんです。

ことの始まりは単純なことでした。「寝る時や夜中に目が覚めたとき、時間が気になってしょうがない。そのせいで、眠れないときがある。」っていう、私の発言でした。

私の就寝時間は23時頃で起床は7時頃なんです。

平均睡眠時間は7時間前後なんですよ。
今まで夜中に目が覚めると必ず時計や携帯を見て「あと○○時間眠れるとか、寝る時間が○○時間しかない。眠らなきゃいけない。」と焦る訳なんです。

これをどうにかしたかったんです。せっかく、睡眠薬などを処方してもらっているのに効果が半減しているようで仕方なかった訳です。

で、妻の一言「時計を見なきゃいい、枕元に携帯を置くのもやめてみたら」でした。

もともと、私自身の性格なのか時間を気にするタイプなんです。それが睡眠時にまで影響があったらしいですね。

この作戦を始めて3週間位経つのですが、だいぶ眠れるようになりましたし、夜中に目が覚めることも減りました。

たまに寝坊をすることもありますが、今までより睡眠状態は改善せれてきました。不思議なものです。
寝室に時計を置かないだけで随分と変化が出てきました。

妻に感謝ですね。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
お役立ちリンク
お薬の事で困ったら、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
なべ酒造もよく利用しています。


↓薬の詳細を知りたい場合はこちら
ハイパー薬事典
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

なべ酒造

Author:なべ酒造
性  別:男
年  齢:37歳
血液型:A型
家  族:嫁・娘・息子
生息地:宮城県

nabesyuzouをフォローしましょう

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
相互リンク募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。