鬱病6年目の生活。病気のこと、日常を綴っています。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


明日は心療内科へ

朝晩はすっかり冷え込むようになりました。
日中との寒暖差が激しいですね。
体調管理はしっかりとしましょう!


こんにちは、なべ酒造です。


明日は心療内科へ行ってきます。
ここ2カ月くらいは薬だけをもらってきました。
調子自体は問題ありませんのでね。


ただ、毎回「薬だけ」という訳にもいかず、
今回は診察を受けてくださいと言われましてね。
明日は久しぶりの診察となった訳です。


状況としては以下の通り。


・体調は良い。
・眠剤が無いと眠れない。(量を半分にしてもダメ)
・落ち込み自体はないが、時々「強い不安感」を感じる。
・この不安感が「うつ的なもの」かどうかは分からない。


以上ですかね。


最近は「落ち込む」というより「不安感」を感じる事が強いかも。
でも、自分の性格的なものがあるだろうから、仕方ないかな。
もともと、心配性な性格だから。


鬱病になってから余計に心配性になったしね。
「不安感」と「心配し過ぎる事」ってのがゴチャゴチャになるんだろうな。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

スポンサーサイト

うつ病「見える化」診断

おはようございます。
先週の台風の影響でJRのダイヤが乱れまくっています。
臨時ダイヤで運行しているそうですが、それすらダメらしい。。。


そんな仙台から、なべ酒造です<(_ _)>


ホント医学の進歩は凄いのですね~。
ビックリしますよ。
今度は「血流でうつ病を診断」が出来るそうです。


記事はこちらです。


光トポグラフィー検査と言うらしいですね。
なんか凄いっすね。
どんどん進歩してますね。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


血液検査で鬱が診断できる!!

こんにちは。
今日で8月も終わりですねぇ。
台風が近づいてますので、皆さん気をつけましょう。


こんにちは、なべ酒造です<(_ _)>


ネット記事見てたら凄いのがありました。
『広島大、鬱病の客観的な「指標」を発見』
だそうですよ!!!


以下、記事を載せます。


広島大、鬱病の客観的な「指標」を発見

鬱病(うつびょう)の症状を客観的に診断するための指標となりうる物質を、
広島大大学院(広島市)などの共同研究グループが
世界で初めて発見したと30日発表した。
成果は米科学誌、プロスワン電子版に掲載された。
鬱病はこれまで、医師が患者の症状をもとに主観的に診断する方法が主流だが、
今回の発見では、血液を調べることで客観的な診断方法の開発に役立つと期待される。

発見した研究グループの山脇成人(やまわきしげと)教授によると、
鬱病の要因は世界で研究されているが、糖尿病診断での血糖値や高血圧診断での
血圧値のような客観的な指標は発見されておらず、
気持ちの落ち込みや意欲の低下などの症状から、
医師が判断するしかなかったという。

山脇教授らは脳内に多く存在するタンパク質である
「脳由来神経栄養因子(BDNF)」をつくる遺伝子に着目。
未治療の鬱病患者20人と、鬱病でない18人の血液を採取して解析したところ、
この遺伝子の中で起きる「メチル化」と呼ばれる化学反応をみると、
鬱病患者にだけ特有のパターンが見つかった。
過度のストレスが異常なメチル化を引き起こした可能性があるとみられる。

BDNFは神経細胞の成長に不可欠な栄養素の物質で、
これまでも動物実験などで鬱病と深い関係があることを示す研究データはあったが、
BDNFの血液中の濃度に関する研究では関連が証明されていなかった。
今回の手法が実用化できれば、費用は1万5千円程度で、2日間で結果が出るという。

山脇教授らは「さらにデータを集め、抗鬱薬の投与や病状の変化と、
メチル化の程度の変化の関連性などを調べて、
鬱病の客観的な診断方法を確立したい」としている。


だそうです。


話は難しいですが「血液検査で診断が可能」ってのは凄いですね。
検査費用、1万5千円ってのも高くないような気がしますね。
治療費に比べたら安いですし。


医学の進歩は凄いですねぇ。
早く実用化されて、これからの診断に生かされると良いですね。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


向精神薬が行方不明だそうです。

こんばんは。
本日2回目の更新になります。
ニュースで変な記事を見つけました。


以下記事の本文になります。


向精神薬が大量不明=3万4000錠、
窃盗で捜査―都健康長寿医療センター・警視庁
時事通信 9月15日(水)15時29分配信

 

東京都健康長寿医療センター(板橋区)は15日、
向精神薬が大量に所在不明になっていると発表した。
警視庁板橋署は盗難届を受理し、窃盗事件として捜査している。

 

 同署によると、所在不明になったのは
「レンドルミンD錠」3万4000錠(10万円相当)。



先月23日、非常勤の女性薬剤師が出勤後に体調不良となって入院した際、
レンドルミン624錠を所持しているのを看護師が発見した。



  薬は同センター1階の薬剤課調剤室に保管されており、
職員が8月下旬に在庫と処方数の照合をして判明した。
4月から8月下旬の間に盗まれたとみられる。



といったネット記事です。
薬剤名をクリックして頂ければ詳細が出ます。


なんと言うか、薬の管理ってどうなんでしょうね?
薬剤師さんとか医療従事者の不足ってのは、よく耳にします。
ただ、もう少しちゃんとして欲しいというか…


向精神薬ですからね。


ただでさえ、色々と問題視されているのにな、と思います。
普通に市販している薬とは当然違う訳で…
なんか、うまく言えませんが健常者が服用する薬ではないですよね。


この薬は悪用しようと思えば、いくらでも悪用できそうな薬。
睡眠薬ですからね。
健常者の方が飲んだら、どうなるんでしょうか?
ものすごい、眠気に襲われるのでしょうか?
その辺は分かりませんが…


危険というか、簡単に持ち出せる状態にしていていいものなのか。
なんか、まとまりのない文章ですが、ちょっと驚いたので
ブログに挙げてみました。



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


うつ兆候問診でチェック、健診で導入へ

こんにちは。
今日も蒸し暑い仙台のなべ酒造です。
こんな記事見つけました。
久しぶりに真面目な話。
…いつも真面目に書いています<(_ _)>


以下、記事の本文になります。


政府が2011年度からの導入を目指す、企業の健康診断で
うつ病などの精神疾患の兆候を調べる制度の概要が明らかになった。


以前にこんな話がありましたね。
 
医師の問診に、うつ病などの兆候である不眠や
頭痛の有無などを盛り込み、所見があれば専門医が診断する。
プライバシーに配慮して企業側には所見の有無だけを伝え、
詳細は伝えない方針だ。


所見をの有無を伝えるってことはどうなんですかね?
プライバシーに配慮しても、どの社員に兆候があるか
会社側は知ってしまうのですかね?
 
 
企業の健康診断に精神疾患に関する項目を盛り込む方針は、
長妻厚労相が4月に表明し、厚生労働省が実施方法を検討してきた。
その結果、健診項目に精神疾患の有無を盛り込めば、
専門医の判断が不可欠となることから、
すべての企業に実施を求めることは困難と判断。


確かにその通りですね。
すべての企業を対象にするのは難しいでしょうね。


うつ病などの兆候として表れる自覚症状のチェックにとどめ、
所見があった場合だけ専門医の診断に進むという2段階で実施することとした。


「自覚症状があったら専門医の診断」
本人が嘘をついたらどうなるのですかね?
「うつ病などの精神疾患の可能性あり」と診断されるのは不利なわけで、
社会的にも不利になりますよね。
実際、仕事ができない人も多くいるわけですし。






皆さんはどう思われますか?
私の誤解ならいいのですけど、この制度だと「社員Aさんは精神疾患の
可能性あり」と判断されるわけですよね?


違うのかな?


そうしたら会社側はどう対応するのですかね?
リストラとか不採用の原因に使うんじゃないのかなぁ?
とか、考えてしまいます。





本日のなべ酒造は、やっぱり調子悪し。
5時30分起床でした。
今は眠くて眠くて仕方ありません。


ちょっと、お昼寝しようかな"c(-。-,,)c)~"


立ち上がる力をください<(_ _)>



読んで頂いて有難うございます<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お役立ちリンク
お薬の事で困ったら、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
なべ酒造もよく利用しています。


↓薬の詳細を知りたい場合はこちら
ハイパー薬事典
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

なべ酒造

Author:なべ酒造
性  別:男
年  齢:37歳
血液型:A型
家  族:嫁・娘・息子
生息地:宮城県

nabesyuzouをフォローしましょう

FC2カウンター
ブログ内検索
カテゴリー
相互リンク募集中です!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。